電気を売る

土地活用のひとつとして太陽光発電を設置するケースが増えています。うまく稼動すれば投資額を大きな利回りで運用できますが、いくつか気をつけるべき点もあります。 まず安定した売電収入を得るためには、ある程度以上に土地が広く、日照時間も長くなければなりません。雨や雪が多い土地だと採算が取れないこともあります。 次に太陽光発電を設置した後も、メンテナンスフリーというわけにはいきません。ホコリが溜まったり雑草に覆われたりすると、発電効率が落ちるため、定期的な清掃などが必要になります。 電力を全額買い取ってもらえるのは20年間です。その後の土地活用も考えておかねばなりません。発電設備を撤去するにも費用がかかることに要注意です。

従来は土地活用といえばアパートやマンションを建てるのが一般的でした。しかし人口減少社会になった今、空き家リスクの高さは無視できなくなっています。また賃貸住宅を建ててしまうと、何かあっても自由に土地を処分できない可能性があります。太陽光発電なら、従来の土地活用に付き物だった問題は起こりません。 太陽光発電で作られた電気は、国の定めた全量買取制度によって、20年間は高額で売ることができます。したがって収入が途絶える心配はありません。事業として太陽光発電を行なうなら、グリーン投資減税を受けられる場合もあります。ただし規模や本業の業種によっては、税制の優遇を受けられないこともあるので、導入の際には業者とよく相談する必要があります。